2016年09月06日

犬の引き取り屋というビジネス


数日前ですが こんなニュースが目に留まりました。
 ↓ ↓



引き取り屋 という業者が存在していることを 
少し前ですがはじめて知りました。


太田匡彦さんの記事です。
 ↓ ↓



5月にNHKのクローズアップ現代でも特集されていたので
ご覧になった方もいるのでは。
 ↓ ↓
追跡!ペットビジネスの闇  ←ざっくりとまとめてあります

追跡!ペットビジネスの闇  ←まだ見てない方はこちらを・・・


無責任に安直な涙を流している場合ではないのですが・・
あまりに残酷な現状に涙がとまりませんでした。
でもよくここまで放送してくれたと思う。



クローズアップ現代で取材されていた
元ペットショップの店員さん(今はトリマー)のブログ。
 ↓ ↓

ずっとずっと 
早く人間が滅びればいいのにと思うくらいの物を沢山見てきました

という一文が強烈に印象に残りました。




ペットショップの生体販売って必要なんですかね。
要らなくないですか。
そのすぐ裏側にあんな地獄みたいな世界が広がってるのに
それでも存在し続ける意味って。

どなたかも仰ってましたが 
大量に作って大量に処分されるペットショップの犬や猫は 
ほんとにコンビニ弁当みたいで悲し過ぎます。



私はシンシアと暮らし始めたことがきっかけで
日本のペットを取り巻く環境を垣間見ただけの人間で
偉そうなことは言えたもんではないんですが・・・

それでも現実を知る人が少しでも増えていくことを
願わずにはいられません。


posted by シロクマとなみへい at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | レスキュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする