2012年04月27日

代々木公園お散歩会への参加


以前ホセ母さんから聞いて気になっていた
お散歩会に参加してきました。


 
お散歩会というのは いわゆる「しつけ教室」の類ではなくて 
お散歩を通して犬の社会化をはかっていきましょうという企画(?)。
何組かの知らない飼い主さん&犬達と一緒にお散歩するというものです。
(この日は8組)


 
犬の社会化はもちろん 
「犬を観察することにより犬の本質を知る」
という目的は まさに今の私の目的そのものー!
犬を知って もうちょっとコミュニケーションをはかれるようになりたいものだ・・・
という思いもあり 参加してみました。





場所は代々木公園☆

1到着したね? (480x640).jpg
にょきっと鼻を突き出す犬。





公園をぶらぶらしているとホセくん発見!

2やっほーーー (640x480).jpg
ひさしぶりー!



4うれしー (640x480).jpg
ニッカニカですご機嫌です。










 
さて お散歩会では ハーネスと ちょっと長めのリード(3メートル)を使用します。
適度な自由を与えるにはこれくらいの長さのリードが便利みたいですね。
(日々の散歩の中で使い勝手はよいなと感じました)



ちなみに 
ちょっと長めのリードをゆるゆる〜と着けていることで
犬はパーソナルスペースを意識しすぎない という効果もあるのかなと。。。

よくリードを引っ張ってのお散歩中は パーソナルスペースを意識しやすくなるので
ガウガウするけど ドッグランでオフリードだと大丈夫な犬がけっこういますよね。
あれも関係あるのかなーと思いました。




しんこ (480x640).jpg

ちなみにシンシアは他の犬と挨拶をした直後に 
最後に「ガウッ」とやることがたま〜にあるので
挨拶させる時はリードをぎゅーっとと張ってしまいがちなんですが・・・

そこまでの距離近づける時は逆にゆるめたほうがいいですよ〜
とアドバイスいただきました。

リードでぎゅっと引っ張ると 大抵の犬は緊張が高まるので逆効果なんですよね。
犬のシグナルを感じながら リードをゆるめにするのって大事だなと思いました。

 



 
お散歩会では つかず離れずの距離を保ちながらお散歩するだけ。笑
なのですが いろいろな発見がありました。



・なんとなくまとまって散歩するだけで シンシアはひとつの「群れ」と認識している
 (ひとりニオイ嗅ぎに徹してても 「群れ」が移動すると自分も追いつきたがる)


・他参加犬には「犬が苦手」「人が苦手」という問題点がそれぞれあるそうですが
 「群れ」の中では みんな何事もなく 自然に過ごせている
 (もちろん飼い主さん同士の協力もあるからなのですが)




 
普段 引っ張り癖で困ることはないのですが
この日は代々木公園という場所のせいか 他に知らない犬がいるからか
はたまた仲良しホセがいるからか 妙に興奮してぐいぐい引っ張ってしまい
どうしたもんかちょっと困ってたんですが(←初心者)

6トレーニング (640x480).jpg
主催者さんにリードの使い方のお手本を見せてもらい 
「3メートル」の使い方を改めて理解出来たたような気がしました。
(とはいえ犬・人間共々まだ慣れてないのですけれど〜)




 
そして!
この日は前から気になってたフリースラインドハーネスをお借りしてみました。

5フリースライン (640x480).jpg

胸のあたりがV字になっていて喉を締め付けず
体にあたる部分がフリースなので 犬の体に負担をかけない仕様になっています。
手持ちのHurttaのハーネスも基本的には同じ感じですが
胴体にあたる部分もフリースになっているのはいいいかな〜と思いました。
夏は・・・ちょっと暑そうかな?(^^;



 
初参加で飼い主は緊張してしまいましたが とても有益な1日でした。
「有益」な内容をもうちょっとうまく言葉に出来ればいいのですが〜

また機会があれば参加してみたいです。



 

コイケルって難しい・・・と思うこともあるけど 
こういう機会に恵まれるのも この犬を飼ってたおかげだし 
そういう意味ではシンシアには感謝!
コイケルって「飼い甲斐」のある犬だなと思ったのでした^^




 
にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村
posted by シロクマとなみへい at 10:17| Comment(2) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする