2014年11月26日

晩秋の木漏れ日ハイキング 鐘撞堂山@


ここ最近 仕事が激忙しくて若干死んでいます。

調整交渉調整交渉また調整〜の繰り返しで
いろんな人の間を飛び回っていたら
週末になって体はぐったりなのに頭はカッカして
どーにもこーにも変な精神状態になり
気がついたらシンシアを担いで山歩きに来てました。




1 (481x640).jpg
降り立ったのは こんな場所。






2 (481x640).jpg
前から行ってみたかった鐘撞堂山へ行ってみることにした
11月のとある土曜日。


お手軽に登れる低山で 
湖(池?)もありお寺や仏像(?)さんもあり〜 の楽しいコースらしいのです。





3 (640x480).jpg
雲ひとつない素晴らしいお天気。
この日は風が強くてかなり寒かったのですが その分キリッとした青空です。




山道に入る前の静かな住宅街。
農地もあちこちに広がっているので
4 (481x640).jpg
こんな直売所(?)も。
山頂でのお楽しみに・・・みかんを買いましたよ^^






5 (481x640).jpg
さて最初のスポット 大正池。

が・・・
柵が巡らされていて なんというか用水池という感じ。


7 (640x480).jpg
でも柵の上から見てみると 穏やかな水面に
木々が鏡みたいに映っていて風情がありました。
(・・・それなりに。)






大正池を過ぎてしばらく歩くと住宅街は途切れ
山道が現れます。


9 (481x640).jpg
右手には枯れた沢がありそれに沿って歩きます。
木漏れ日が気持ちいい道!




8 (640x480).jpg
久しぶりに山に来たこともあって 
この山道の感じがもう楽しくて楽しくて。

このあたりで すでにニッカニカ〜の私・・・( ̄▽ ̄)





紅葉シーズンだし 人が多いかなぁ・・と思っていたのが
山頂への道は誰にも会いませんでした。


10 (480x640).jpg
山頂近くはこんな階段が出現。




11 (481x640).jpg
いっつも思うのが なんで階段にするんだろ〜。
階段ない方が登りやすいと思うんだけど。









19 (360x640).jpg
1時間くらいで鐘撞堂山の山頂へ到着!




ちなみに鐘撞堂山の由来は
17 (360x640).jpg
戦国時代 敵の攻撃を鐘を突いて知らせた・・
というとこから来ているそうな。








そして山頂からは・・・


14 (640x480).jpg
うっわーーーー。
低山の割に なかなかの絶景!!
(なのにカメラを忘れたのを激しく後悔。)




13 (640x480).jpg
山頂の木々から枯葉がはらはら〜と 後から後から散っていき 
その枯葉が下界に舞い落ちていく様子と
この景色を重ね合わせて しばらく見とれる私。



あぁーー来て良かったなあ・・・幸せ。







数組のハイカーがいてお昼休憩中でしたが
山頂は東屋もあり そこそこゆったりしたスペースがあるので
私も場所を確保でき この絶景を眺めながら
お昼ご飯を食べることが出来ました。



15 (640x480).jpg
道すがら買ってきたみかんも♪
山で食べるとなんでこんなに美味しいの!



16 (481x640).jpg
シンシアもお芋とササミのおやつを堪能。




風は冷たいけどその分空はくっきり青くて
しばらくぼけーーーっとこの景色を眺めていたのですが
この時点で13時近くなっていて。


20 (481x640).jpg
最近は日が落ちるのも早いので
帰りのことを考えて そろそろ次へ向けて出発することにしました。




次回へ続きます。

posted by シロクマとなみへい at 00:05| Comment(6) | TrackBack(0) | ハイキング・山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする